コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クナ族 クナぞくCuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クナ族
クナぞく
Cuna

パナマに住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語はチブチャ語族に属する。先スペイン期にはパナマ地峡一帯の低地に強力な首長制国家を形成し,冶金貝細工などの発達したコクレ文化を生み,鉱物資源や奴隷などの広域貿易で知られていた。その後スペイン人による征服,植民地化,アフリカ黒人奴隷の移入などの過程でクナ族の社会はほぼ完全に崩壊した。現在では,わずかに辺境の地に小規模な農耕村落をつくっている。妻方居住婚を行い,拡大家族が社会単位となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クナ族の関連キーワードN.E. ノルデンシェルドダリエン国立公園サンブラス地方祖霊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クナ族の関連情報