クニャジュニーン(読み)くにゃじゅにーん(英語表記)Яков Борисович Княжнин/Yakov Borisovich Knyazhnin

  • 1740―1791

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシアの劇作家。官吏の家庭に生まれ、自らも文官、ついで武官として勤務する。軍役にあったとき公金横領の罪に問われ、貴族の身分と将校の位を奪われる。のち許されて、士官学校でロシア文学を講ずるかたわら、スマローコフの影響のもとで創作活動を始めた。その作風には啓蒙(けいもう)的古典主義の色彩が強く、専制君主に反抗した自由都市の英雄を主人公とする『ノブゴロドのワジム』(1793)など8編の悲劇、『変人たち』(1790)をはじめとする3編の喜劇、『蜜湯(スビーテン)売り』(1783)を含む6編の喜歌劇などおびただしい作品がある。

[中村喜和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android