コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノーベルスドルフ Knobelsdorff, Georg Wenzeslaus von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノーベルスドルフ
Knobelsdorff, Georg Wenzeslaus von

[生]1699.2.17. クロッセン近郊
[没]1753.9.16. ベルリン
ドイツのバロック,ロココの建築家,画家。プロシアのフリードリヒ大王のもとで 20年間制作活動をした。作品としてはベルリンのオペラ座 (1741~43) ならびにポツダムのサンスーシ宮殿 (45~47) の広間などが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クノーベルスドルフ【Georg Wenzeslaus von Knobelsdorff】

1699‐1753
ドイツのロココ建築家。プロイセン貴族出身の軍人で,騎士建築家と称される。フリードリヒ大王の友人として大王の建築構想を具体化し,代表作,ベルリンの《オペラハウス》(1743),ポツダム郊外の《サンスーシ宮殿》(1747)を建築。多数の宮殿内部を華麗なロココ装飾で飾り,プロイセン宮廷におけるインテリア文化の形成に寄与した。【杉本 俊多】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクノーベルスドルフの言及

【サンスーシ宮殿】より

…〈サンスーシ〉はフランス語で〈気苦労なし〉の意で,フリードリヒ2世(大王)が命名した。大王自らの構想に基づき,クノーベルスドルフが設計した別荘建築である。1745‐47年建設。…

【ドイツ美術】より

…彼のニュンフェンブルク宮殿のアマーリエンブルク(1734‐39)やミュンヘンの王宮劇場(1750‐53)は,D.ツィンマーマンのウィース巡礼教会(1746‐54)とともにバロック末期ロココ様式の代表作である。同じころポツダムではクノーベルスドルフがサンスーシ宮殿(1744‐47)造営に携わり,ドレスデンではペッペルマンMatthäus Daniel Pöppelmann(1662‐1736)のツウィンガー宮殿(1711‐22)が成立した。 これらの建築はスタッコの彫刻や装飾ならびにフレスコ壁画で埋めつくされ,一大総合芸術を顕現させた。…

※「クノーベルスドルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クノーベルスドルフの関連キーワードサンスーシ離宮ドイツ建築2月17日ロココ美術新迎賓館オペラ座プロシアバロック

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android