コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライスキー クライスキー Kreisky, Bruno

2件 の用語解説(クライスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライスキー
クライスキー
Kreisky, Bruno

[生]1911.1.22. ウィーン
[没]1990.7.29. ウィーン
オーストリアの政治家。ウィーン大学卒業。第2次世界大戦前オーストリア社会民主党で活躍。 1938年ゲシュタポに逮捕されたが,のちスウェーデンに亡命。 46年帰国し外交官となり,53~59年外務次官。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライスキー
くらいすきー
Bruno Kreisky
(1911―1990)

オーストリアの政治家。ウィーンのユダヤ人家系に生まれる。ウィーン大学卒業後、社会民主労働党(通称、社会民主党)を中心に政治活動を行い、1938年ドイツによるオーストリア合併後、ナチスに逮捕された。その後スウェーデンへの亡命に成功し、第二次世界大戦中は同地で社会福祉政策、中立外交を学んだ。戦後は同国駐在オーストリア外交団員として北欧諸国との関係修復に尽力した。
 1951年帰国し、1953年から外務次官、1956年社会党(社会民主労働党の後身)の下院議員、1959年外相となる。1966年より党活動に専念、1967年党首となった。1970年総選挙で戦後初の社会党内閣を組閣し、1983年総選挙不振の責任をとって首相を辞任するまで、長期安定政権を維持した。その間ウィーンをスイスのジュネーブに次ぐ第三の国連都市として充実させるなど積極的な中立外交を展開して注目された。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライスキーの関連キーワードウィーン学派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーンの森ウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンハロウィーンの死体ウィーン春の音楽祭ウィーンフィル舞踏会ウィーンブリッジ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone