コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッド材 クラッドざいclad materials

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラッド材
クラッドざい
clad materials

英語 cladは clothe (被服する) の雅言体過去分詞で,すなわち被覆材料である。異種の金属材料を圧接鍛接,爆接などで接着するのが多いが,高融点耐熱材料などは粉末として鋼材粉末圧延で接着することもある。被覆材にガラス,シリカなどの耐熱非金属材料を使う場合もある。目的は心材と皮材との特長を互いに補完するもの,高価なほうの材料の節約を意図するもの,鍛圧加工性の悪い材料に対し一方を加工用台材とする場合など,種々である。ステンレスクラッド鋼,銅被覆鋼電線,アルクラッド,耐熱材被覆クラッド鋼などに例が多く,航空機,ロケット原子炉などに用途が拡大している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラッド材の関連キーワードアルクラッド鉄複合金属材料合せ板溶接爆着

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android