クラフト・デザイン(英語表記)craft design

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工芸品のデザイン。プロダクト・デザインのうちでも手加工の度合いの強いものをいい,金属工芸,木竹工芸陶芸染織ガラス工芸装身具など,量産できない工芸品のデザインを意味する。したがってこの分野では,デザイナーが同時に工芸家でもある。こうしたデザインへの志向は,19世紀後期の W.モリスを中心として進められたアーツ・アンド・クラフツ運動にその先駆がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラフト・デザインの関連情報