コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラリオン断裂帯 クラリオンだんれつたいClarion Fracture Zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラリオン断裂帯
クラリオンだんれつたい
Clarion Fracture Zone

北アメリカ大陸の西側,北太平洋海域の東西方向に走る数条の平行した断裂帯の一つ。クラリオン島の西方に続くのでこの名称がある。断裂帯には海嶺トラフの地帯が約 5200km直線状に続き,断裂帯を境にした南北の比高約 800m。これは地殻を切る大きな断層であると推定されている。プレートテクトニクス説では,断裂帯はトランスフォーム断層の延長にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クラリオン断裂帯の関連キーワードクリッパートン断裂帯北アメリカ大陸東太平洋海盆

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android