コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリコロ Koulikoro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリコロ
Koulikoro

マリ南西部の都市。クリコロ県の県都。バマコ北東約 56km,ニジェール川中流域に位置。約 1600kmに及ぶ大型船舶による河川運輸の終点にあたり,セネガルダカールにいたる鉄道の終点でもある交通の要衝。ピーナッツオイル,綿実油や石鹸の生産が産業の中心で,北部の乾燥地域ではソニンケ族によるミレット (雑穀) やソルガム (モロコシ〈蜀黍〉類) の栽培,南部の湿地ではバンバラ族,マリンケ族によるラッカセイトウモロコシ,ワタ,マンゴーなどの栽培が行われている。人口2万 354 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリコロ(Koulikoro)

マリ南西部の都市。クリコロ州の州都。ニジェール川に面し、増水期にはクリコロからガオまで大型船が航行できる。また、セネガルのダカールまで、フランス植民地時代に敷設されたダカールニジェール鉄道で結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クリコロの関連キーワードアフリカ横断政策マリ(国)カエスカイェケーズ蜀黍