クリプトコッカス症(読み)クリプトコッカスしょう(英語表記)cryptococcosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリプトコッカス症
クリプトコッカスしょう
cryptococcosis

真菌に属するクリプトコッカス Cryptococcus neoformansによる亜急性または慢性の感染症。多くは肺に初感染病巣をつくるが,菌は中枢神経に親和性が高いので,髄膜炎型がおもな病型になる。頭痛,吐き気,嘔吐,意識障害などの脳圧亢進症状と,項部強直,ケルニッヒ徴候などの髄膜刺激症状があり,88%に髄液から菌が証明できる。肺型は自然治癒しやすく,症状を現さないこともある。ほかに,リンパ型,全身型,皮膚と粘膜型がある。治療薬としては,アムホテリシンBや5-フルシンが有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリプトコッカス‐しょう〔‐シヤウ〕【クリプトコッカス症】

cryptococcosis》クリプトコッカスという真菌による急性・亜急性・慢性の感染症。肺や全身に真菌症を起こす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

クリプトコッカスしょう【クリプトコッカス症】

真菌の一種クリプトコッカス-ネフォルマンスによって起こる感染症。鳥類、主にハトの糞が媒介し、空気感染する。肺や皮膚に病変を来したり、髄膜炎を伴う。クリプトコックス症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android