コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺真菌症 はいしんきんしょうpulmonary mycosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺真菌症
はいしんきんしょう
pulmonary mycosis

真菌による肺感染症で,人間の真菌症のうち最も発生頻度の高いもの。内因性のカンジダ症放線菌症,ジオトリクム症,外因性のものではアスペルギルス症クリプトコックス症ノカルジア症などがある。喀痰中に菌体が証明されるかどうかで診断する。ヒトからヒトへは伝染しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

はいしんきんしょう【肺真菌症】

[どんな病気か]
 真菌(かび)が肺に感染しておこる肺炎です。
 日本で問題になるのは、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムコールなどで、菌種によって病変が異なります(コラム「肺真菌症の病変」)。
 真菌は、病原性が弱く、口腔内(こうくうない)や上気道(じょうきどう)に常在しています。そして、感染しても症状が現われない場合が多いのです。しかし、からだの抵抗力が落ちてくると増殖し、感染症として発病します。これを日和見感染(ひよりみかんせん)といいます。
 肺は外界の空気にふれるので、真菌も入りやすく、肺に感染した後、血液に入って、肝臓、腎臓(じんぞう)、脳などにまで感染することもあります。
[症状]
 発熱、せき、たん、呼吸困難、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)(だるさ)など、細菌性肺炎や肺結核と、よく似た症状が現われてきます。細菌によく効く強力な抗生物質を使ってもよくならない場合は、真菌による肺炎の疑いがあります。
[検査と診断]
 たん、気管支用の特殊な内視鏡(気管支鏡(きかんしきょう))を使ってとった病巣部(びょうそうぶ)の分泌物(ぶんぴつぶつ)、あるいは、肺を一部洗った(気管支肺胞洗浄(きかんしはいほうせんじょう))洗浄液などに含まれる微生物を培養して、真菌であることを証明します。
 しかし、真菌は口内や上気道にふつうにいるので、見つかったからといって、かならずしも、それが肺炎の原因とはいえません。くり返し検査をして、同じ真菌がたくさん見つかれば、その真菌による感染と推測できるわけです。
 また、真菌に感染すると、血液中にその真菌に対する抗体(こうたい)ができます。カンジダ、アスペルギルス、クリプトコッカスでは、血清中(けっせいちゅう)の抗原(こうげん)、抗体を調べることで診断できることもあります。
 そのほか、血清中にアレルギー反応に関係する特殊な抗体(IgE抗体)が増えていることもあり、診断に役立ちます。
[治療]
 からだの免疫を弱める原因となっている病気がよくなれば、真菌による肺炎も自然によくなることがありますので、もとの病気の治療がたいせつです。
 真菌に対しては、アムホテリシンB、フルシトシン、ミコナゾール、フルコナゾール、イトラコナゾールという5つの抗真菌薬(こうしんきんやく)が開発されており、内服または注射で使います。
 血液の悪性腫瘍や、その治療のために、非常に白血球(はっけっきゅう)が少なくなっている患者さんに対しては、アスペルギルス症の予防のため、アムホテリシンBの吸入を行なうことがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいしんきんしょう【肺真菌症 pulmonary mycosis】

真菌によって起こる気管支・肺・胸膜の炎症性疾患で,病原真菌の種類によって,放線菌症,ノカルジア症,カンジダ症,アスペルギルス症,クリプトコックス症などと呼ばれる。一般に,菌類のうちの真菌植物の感染によって起こる病気を真菌症というが,これは,重症疾患の末期や副腎皮質ホルモン投与中などの抵抗力の弱まった患者や細菌に対する化学療法後の菌交代現象として起こる。発熱,喀痰,白血球増加,肺炎様の症状が共通にみられるほか,肺アスペルギルス症では空洞内に菌球ができ,放線菌症,ノカルジア症では肺の病変は胸壁に及び瘻孔(ろうこう)をつくり菌糸の塊(ドルーゼ)を出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいしんきんしょう【肺真菌症】

真菌類が肺に感染して起こす疾患。カンジダ・アスペルギルス・クリプトコッカス・ムコールなどによる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺真菌症
はいしんきんしょう

真菌(カビ)を吸い込むことで引き起こされる肺の感染症の総称。真菌を抗原とする過敏反応としておこるアレルギー性の肺疾患も含まれる。癌(がん)や膠原(こうげん)病などの治療中で免疫抑制薬やステロイド薬あるいは抗癌薬などを服用して免疫力が低下しているなど、易感染状態にある人が感染しやすい。基礎疾患があるため見落とされがちな疾患であったが、診断技術が進歩している。また、真菌の種類によっては健常人でも発症することがある。もっとも多くみられるのはアスペルギルスを原因菌とする肺アスペルギルス症で、ほかに肺カンジダ症、肺クリプトコッカス症、肺ムコール症、肺ノカルジア症などがある。発熱および喀痰(かくたん)や咳(せき)など普通の呼吸器感染症と同じような症状を呈するほか、呼吸困難や倦怠(けんたい)感などを伴うこともある。副作用の少ない抗真菌薬が開発されており、治療はその局所的または全身的投与が第一選択となる。肺の空隙(くうげき)に感染しやすい肺アスペルギルス症では、空隙の外科的切除が根治療法として選択される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肺真菌症の関連キーワードエイズのおもな合併症肺切除療法真菌類

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android