コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルガンチュベ州 クルガンチュベKurgan-Tyube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルガンチュベ〔州〕
クルガンチュベ
Kurgan-Tyube

タジキスタン南西部の州。 1977年新設された。州都クルガンチュベ。西はウズベキスタンと接し,南はアムダリアとピャンジ川をへだててアフガニスタンと相対する。バフシ川の下流域を占める州で,同川が州中央部を北東から南西へ貫流,国境でピャンジ川と合流し,これより下流がアムダリア本流となる。西のババタグ,東のバフシ両山脈にはさまれて位置し,北方のギッサール山脈により寒気団の南下がさえぎられるため,冬季温暖である。主産業は農業で,綿花,ブドウなどの栽培や園芸,カラクール種のヒツジの飼育などを行う。工業部門は食品,化学 (肥料) ,機械などが中心。南東部では石油,天然ガスの採取が行われる。首都ドゥシャンベから南下する鉄道が州を縦断する。面積1万 2600km2。人口 111万 3500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルガンチュベ州の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列小川紳介鎌田慧クラストル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android