コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルツ クルツKurz, Hermann

2件 の用語解説(クルツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルツ
クルツ
Kurz, Hermann

[生]1813.11.30. ロイトリンゲン
[没]1873.10.10. テュービンゲン
ドイツの小説家。メーリケシュワープらと親交があった。『シラーの在郷時代』 Schillers Heimatjahre (1843) や『太陽館主人』 Der Sonnenwirt (54) などで,18世紀の封建制度下における民衆生活を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クルツ
クルツ
Kurz, Isolde

[生]1853.12.21. シュツットガルト
[没]1944.4.5. テュービンゲン
ドイツの女流作家,詩人。 H.クルツの娘。父から古典文学を学び,父の死後フィレンツェに移住。イタリアギリシアに材を取った小説,詩が多い。『フィレンツェ短編集』 Florentiner Novellen (1890) ,自伝的小説『バナーディス』 Vanadis (1931) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクルツの言及

【テケリ】より

…北ハンガリーのプロテスタント大土地所有貴族の出。父が反ハプスブルクの陰謀に加わって敗れたため,1670年トランシルバニアへ行き,そこで78年から義勇軍クルツKurucの指揮をとり,同年9~11月の戦いで北部ハンガリーを占領,大公に選出された(テケリの乱とよばれる)。その後オスマン・トルコと結ぶが,83年のトルコ軍のウィーン攻撃の失敗ののち,皇帝レオポルトと和を講じようとしてトルコ軍に捕らわれ,85年には北ハンガリー大公国も崩壊。…

【ラーコーツィ・フェレンツの解放戦争】より

…1699年のカルロビツ条約でオスマン帝国がハンガリーの支配権を放棄すると,ハンガリー全土はハプスブルク家の世襲領邦の地位に落とされ,ハプスブルク政府による絶対主義が導入された。それに対して,ハンガリー支配階級の多くや農民,匪賊,クルツkurcと呼ばれる義勇兵らの不満が高まった。不満はすでに1677年にトカイ地方での農民暴動となっていた。…

※「クルツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クルツの関連キーワードペグマタイトドゥーフ運営費交付金川尻浦の久蔵名古屋港蒲生君平浮世床浮世風呂蒲生君平ギニー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クルツの関連情報