コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルトリーヌ Courteline, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルトリーヌ
Courteline, Georges

[生]1858.6.25. ツール
[没]1929.6.25. パリ
フランスの劇作家。本名 Georges Victor Marcel Moineau。ユーモア作家 J.モアノーの子として生れ,23歳のとき,小雑誌『パリ・モデルヌ』 Paris moderneを創刊して文壇にデビュー。兵役終了後,軍隊生活に取材した喜劇『陽気な軍隊生活』 Les Gaîtés de l'escadron (1886) ,『八時四十七分の汽車』 Le Train de 8h.47 (91) ,『リドアール』 Lidoire (91) を発表。 1893年には傑作『ブーブーロッシュ』 Boubourocheが自由劇場で上演された。その他『わが家の平和』 La Paix chez soi (1903) などプチブルの生活の滑稽さをあばいた一連の笑劇により,当時の演劇界に旋風を巻起した。アカデミー・ゴンクール会員 (26) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クルトリーヌ

フランスの劇作家,小説家。ユーモア短編小説に次いで喜劇《ブーブロッシュ》(1893年)で成功。風刺のきいた一幕物にすぐれる。ほかに《署長さんはお人好し》《わが家の平和》等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

クルトリーヌの関連キーワードテアトル・コメディ自由劇場運動アントアーヌ徳川 夢声

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android