コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルトン 〈フランス〉croûton

デジタル大辞泉の解説

クルトン(〈フランス〉croûton)

食パンをさいの目に切って揚げたり焼いたりしたもの。スープ浮き実などにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

クルトン

 クールトンともいう.パンの小片を油で揚げるか炒めるかしたもの.スープに浮かせて食べる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

クルトン【croûton(フランス)】

パンをさいの目に切り、油で揚げるかオーブンで焼いてカリカリにしたもの。スープの浮き実に用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クルトン【croûton】

さいの目に切ったパンを油で揚げるか、バターで焼いたもの。スープに浮かせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルトン
くるとん
crotonsフランス語

食パンの縁(ふち)を切り、白い部分を普通8ミリメートルくらいの角切りにして、上質の油で揚げたものである。種類は用途によって二つに分けられるが、賽(さい)の目切りにして揚げたものは、主としてスープ(ポタージュ)の浮き実に用いられる。丸く大形に切ったクルトンは、ステーキの下敷きにする。この場合、形を変えて鶏肉などの下敷きにも使われ、用途は広い。
 本来の目的は、液体のスープを食べる合間にクルトンを食べて、舌の感覚を新たにして次の一口をおいしくするためである。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクルトンの言及

【スープ】より

…(2)とろみのあるスープpotage lié ブイヨンをベースに,つなぎとなる材料(小麦粉,生クリーム,卵黄など)を加えたもので,日本では単にポタージュと呼ばれる。材料の一部を浮き実としたり,クルトンcroûton(5mm角の食パンをバターかサラダ油でカリカリに焼いたもの)を浮かしたりする。(a)ピュレーpurée ジャガイモ,ニンジン,豆類などの野菜をいためてブイヨンといっしょに煮込み,柔らかくなったところで具とともにこし,生クリームや牛乳を加えて濃度を調節して仕上げる。…

※「クルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クルトンの関連キーワードフランス料理/おもな料理用語ニコラス シャクルトンサウスジョージア島エレファント島コーツ・ランドベアドモア氷河シーザーサラダD. モースンウェッデル海エレバス火山ホエールズ湾グリトビケンブイヤベース浮き実・浮実チャウダー2月15日ポタージュエレバス山南極探検スコット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルトンの関連情報