クルマバツクバネソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルマバツクバネソウ
くるまばつくばねそう
[学]Paris verticillata M. v. Bieb.

ユリ科の多年草。地下を横走する細い地下茎をもつ。茎は高さ40~60センチメートルで、倒披針(とうひしん)形ないし狭倒卵形の葉を4~8枚輪生。6~8月、茎頂に長さ3~12センチメートルの花柄の先に緑色の外花被(かひ)をもつ花を1個つける。内花被は糸状。北海道から九州、および東北アジアの温帯林の林床に生育する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクルマバツクバネソウの言及

【ツクバネソウ】より

…花は地上茎の先端に1個つき,外花被片は緑色で4枚あり,内花被片は退化している。近縁種クルマバツクバネソウP.verticillata M.v.Bieb.には,線形の内花被片が4枚ある。この種は通常7~8枚の葉が輪生し,和名はこの性質にちなんだものである。…

※「クルマバツクバネソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android