コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーザ クルーザ Crousaz, Jean Pierre de

2件 の用語解説(クルーザの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーザ
クルーザ
Crousaz, Jean Pierre de

[生]1663.4.13. ローザンヌ
[没]1750.2.22.
スイスの哲学者,数学者。フランス語による初の美学書『美論』 Traité du beau (1715) の著者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルーザ
くるーざ
Jean Pierre de Crousaz
(1663―1750)

スイスの哲学者。ローザンヌのアカデミーの教授。合理主義に立脚して大学に数学を導入し、またライプニッツや当時の懐疑主義的思潮に反対した。論理学、美学、教育学に関する3巻の主著のなかで、『美論』Trait du Beau(1715)はフランス語による最初の美学書である。その特徴は、観念(多様における統一)に基づく美と、感情(快)に基づく美を区別している点にある。[小穴晶子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルーザの関連キーワードローザンヌローザンヌ学派ローザンヌ条約ローザンヌ会議ターザンロープハロー!スーザンローザンヌ器楽アンサンブルローザンヌ室内管弦楽団ローザンヌマラソンベジャール・バレエ・ローザンヌ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クルーザの関連情報