コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルージナポカ Cluj Napoca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルージナポカ
Cluj Napoca

旧称クルージ,ドイツ語ではクラウゼンブルク Klausenburg,ハンガリー語ではコロスワール Koloszvár。ルーマニア北西部,クルージ県 (面積 6650km2。人口 73万 5100〈1992推計〉) の県都。トランシルバニア地方の行政,商業,文化の中心地。南カルパート山脈の中部,アプセニ山地北東麓の丘陵地帯に位置し,ティサ川の支流ソメシュルミク川が近郊を流れる。紀元前からダキア人の居住地として知られ,ローマ征服後自由都市ナポカとして記録に残る。 11~12世紀にハンガリー人とルーマニア人の混住する中世都市として手工業,商業の中心地となり,ハンガリー王の治下で自由都市の特権を与えられ,18世紀末からオーストリア帝国東部の中心都市となった。第1次世界大戦後ルーマニア領。工業的にも重要で,機械,金属,医薬品,食品加工,皮革,繊維,家具などの工場がある。また多くの教育施設で知られ,バベシュボヤイ大学,工業大学,美術大学,音楽大学など多くの研究機関があり,劇場,歌劇場,トランシルバニア民俗博物館,ルーマニア最大のクルージ植物園など文化施設も多い。鉄道,道路でブラショブを経てブカレストと,オラデアを経てブダペストと結ばれるほか,多くの支線が出ており,空港もある。人口 32万 8008 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルージナポカの関連キーワードクン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android