コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアチニン creatinine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレアチニン
creatinine

化学式 C4H7N3O 。尿,筋肉などに存在する。分子内の酸アミド化合物クレアチン (アミノ酸の一種) を酸と熱すると生成する。分解点 280~295℃。アルカリによりクレアチンに変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

クレアチニン

 C4H7N3O (mw113.12).

 筋肉に存在するクレアチンが分子内で脱水してできた化合物.尿中へ排泄される.骨格筋の量の指標として利用される.ヒト血液の正常値は0.6〜1.5mg/dl

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クレアチニン【creatinine】

クレアチンの無水物。生体内では筋肉細胞中のクレアチンの代謝産物として尿中に排泄され、腎機能の悪化で血中クレアチン値は上昇する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クレアチニンの関連キーワードクレアチン/クレアチニン比急性糸球体腎炎(急性腎炎)クレアチニンクリアランスクレアチニン(CRE)腎臓のしくみとはたらき尿素腎クリアランス試験ペッテンコーファー溶血性尿毒症症候群クレアチニン係数血清クレアチニン急性腎炎症候群慢性腎炎症候群糖尿病性腎症前立腺肥大症慢性腎盂腎炎非蛋白態窒素クリアランス腎機能検査法尿毒症性物質

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレアチニンの関連情報