コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアチニン creatinine

栄養・生化学辞典の解説

クレアチニン

 C4H7N3O (mw113.12).

 筋肉に存在するクレアチンが分子内で脱水してできた化合物.尿中へ排泄される.骨格筋の量の指標として利用される.ヒト血液の正常値は0.6〜1.5mg/dl

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

クレアチニン【creatinine】

クレアチンの無水物。生体内では筋肉細胞中のクレアチンの代謝産物として尿中に排泄され、腎機能の悪化で血中クレアチン値は上昇する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレアチニンの関連情報