コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレイ クレイCassius Clay

3件 の用語解説(クレイの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クレイ(Cassius Clay)

米国のプロボクサーモハメド=アリの旧名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クレイ Clay, Bryan

1980- アメリカの陸上競技選手。
1980年1月3日テキサス州生まれ。種目は十種競技。祖父は日系3世,祖母は日本人。5歳からハワイでくらす。高校時代から十種競技をはじめ,2004年アテネ五輪で銀メダル,2005年世界陸上ヘルシンキ大会金メダル。2008年北京五輪で金メダル。十種競技選手(デカスリート)としては180cmと小柄。自己ベスト記録は8820点。アズサパシフィック大卒。ミドルネームは祖父と同じ「つもる」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレイ
くれい
Henry Clay
(1777―1852)

アメリカの政治家。4月12日バージニアで生まれ、のちケンタッキーに移る。州議会議員を経て、連邦下院議員となり、その後、上院議員国務長官の要職を歴任した。1812年の対イギリス戦争に際しては、「戦争鷹(ウォー・ホークス)」の一人として開戦を主張した。ミズーリの連邦加入をめぐる論争に際し、また、28年の関税法とそれに続く「無効宣言」論争やカリフォルニアの連邦加入と奴隷制をめぐる論争などに際し、南北の妥協を導き出す調停者の役割を果たしたところから、「妥協の名手」ともよばれた。また、保護関税、国内交通の改善の諸策を含む「アメリカン・システム」を唱道し、幾度か大統領の座を志向したが果たさずに終わった。南北戦争に至る政治過程にあって地域的利害の交差に苦悩したが、ウェブスターカルフーンと並んで雄弁をもって知られた。[中谷義和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレイの関連情報