十種競技(読み)じっしゅきょうぎ(英語表記)decathlon

  • じっしゅきょうぎ ‥キャウギ
  • じっしゅきょうぎ〔キヤウギ〕

翻訳|decathlon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸上競技における男子混成競技の一つ。1日5種目ずつ2日間で 10種目を行なう。1日目は 100m走,走り幅跳び砲丸投げ走り高跳び,400m走を,2日目には 110mハードル (→ハードル競走 ) ,円盤投げ棒高跳びやり投げ,1500m走を,それぞれこの順序で競技する。各種目別得点を採点表により総合し順位を決定,1種目でもスタートしなかったり,試技をしなかった場合は棄権とみなされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸上混成競技男子種目の一つ。デカスロンdecathlonとも。第1日目に100m競走,走幅跳び砲丸投げ走高跳び,400m競走,第2日目に110mハードル,円盤投げ棒高跳び槍投げ,1500m競走の合計10種目を行い,総合得点を競う。1912年ストックホルムオリンピックから連続採用。伝統的にアメリカが強い。対応するオリンピック女子種目としては五種競技(1964年東京オリンピックから1980年モスクワオリンピックまで)が行われていたが,1984年ロサンゼルスオリンピックから七種競技(100mハードル,走高跳び,砲丸投げ,200m,走幅跳び,やり投げ,800m)が採用された。アメリカ,ロシア,イギリスなどが強豪。→五種競技
→関連項目近代五種競技

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 陸上競技男子種目の一つ。一人の競技者が二日間で一〇種目の競技を行ない、合計得点の多い者を勝ちとする。第一日は一〇〇メートル、走幅とび、砲丸投げ、走高とび、四〇〇メートル。第二日は一一〇メートル障害、円盤投げ、棒高とび、やり投げ、一五〇〇メートルの順序で行なう。〔陸上競技法(1923)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の十種競技の言及

【陸上競技】より

…走る,跳ぶ,投げるのオールラウンドの能力が要求されるため〈キング・オブ・スポーツ〉ともいわれている。現在のオリンピックでは男子は十種競技decathlon(第1日=100m,走幅跳び,砲丸投げ,走高跳び,400m。第2日=110mハードル,円盤投げ,棒高跳び,槍投げ,1500m),女子は七種競技heptathlon(第1日=100mハードル,走高跳び,砲丸投げ,200m。…

※「十種競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android