コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレローの定理 クレローのていりClairaut's theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレローの定理
クレローのていり
Clairaut's theorem

1743年に A.C.クレローが導いた定理。地球は自転している回転楕円体であるため,表面における重力の値が緯度によって異なる。極での重力加速度gp ,赤道上での重力加速度を ge ,自転の角速度をω,赤道半径を a ,極半径を b とすると (a-b)/a+(gpge)/ge=(5/2)・(aw2/ge) という関係があることが示される。これをクレローの定理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレローの定理の関連キーワードツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android