コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレローの定理 クレローのていりClairaut's theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレローの定理
クレローのていり
Clairaut's theorem

1743年に A.C.クレローが導いた定理。地球は自転している回転楕円体であるため,表面における重力の値が緯度によって異なる。極での重力加速度gp ,赤道上での重力加速度を ge ,自転の角速度をω,赤道半径を a ,極半径を b とすると (a-b)/a+(gpge)/ge=(5/2)・(aw2/ge) という関係があることが示される。これをクレローの定理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android