コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレローの定理 クレローのていりClairaut's theorem

1件 の用語解説(クレローの定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレローの定理
クレローのていり
Clairaut's theorem

1743年に A.C.クレローが導いた定理。地球は自転している回転楕円体であるため,表面における重力の値が緯度によって異なる。極での重力加速度gp ,赤道上での重力加速度を ge ,自転の角速度をω,赤道半径を a ,極半径を b とすると (a-b)/a+(gpge)/ge=(5/2)・(aw2/ge) という関係があることが示される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クレローの定理の関連キーワード小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志タスコ鄧石如本多利明マラー愚者列伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone