コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーフェ Cleve(Cleef), Joos van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーフェ
Cleve(Cleef), Joos van

[生]1485頃.アントウェルペン
[没]1540. アントウェルペン
フランドルの画家。本名 Joos van der Beke。画家の父のもとで修業。 1511年アントウェルペンでマイスターとなり,画家組合に登録。 30年頃にはフランスの宮廷画家としてパリに滞在していたらしく,彼の作と考えられるフランソア1世とその妃の肖像画が多数残っている。ミュンヘンのアルテ・ピナコテークやケルンのワルラフ=リヒアルツ美術館が所蔵している聖母マリアの死を題材にした作品がよく知られており,聖母の死の画家とも呼ばれた。『ピエタ』 (ルーブル美術館) などには,Q.マサイスレオナルド・ダ・ビンチの影響がみられるが,同時にフランドル絵画の伝統的な技術の高さが示されている。なお,息子のコルネリス画家として活動したが,確実に彼に帰しうる作品はない。

クレーフェ

クレーウェ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレーフェの関連キーワードクロムウェル(Thomas Cromwell)ハインリヒ カンペンドンクメンヘングラートバハキャサリン・ハワードファン・クレーフェヨハネス イッテンカイウベ リッケロック(年譜)カンペンドンクプロイセン王国バンドネオンクニッピングフィールゼンメービセンブレインフィンクメーリケボイス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android