コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカタゾウムシ Pachyrrhynchus infernalis

世界大百科事典 第2版の解説

クロカタゾウムシ【Pachyrrhynchus infernalis】

甲虫目ゾウムシ科の昆虫。黒色で光沢があり,胸脚が長い。上翅には小点刻列がある。体長13mm内外。八重山列島に分布し,スダジイなどの葉を食べるが,カンコノキに多いといわれる。幼虫は枯木中に穿孔(せんこう)する。カタゾウムシ類Pachyrrhynchusニューギニアフィリピンを分布の中心に,約420種が知られている。八重山列島はカタゾウムシ類の分布の北限に当たる。カタゾウムシ類は,その名のように体がきわめて堅く,また美しい斑紋をもつものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報