コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロシロコロブス black and white colobus

世界大百科事典 第2版の解説

クロシロコロブス【black and white colobus】

真っ白なほおの毛や尾先,マントのような肩毛と黒い体毛とのコントラストが美しい霊長目オナガザル科の旧世界ザル(イラスト)。頭胴長約70cm,尾長約80cm,体重約11kg。数多くの変異があるが,エチオピアから中央アフリカの森林地帯北部にかけて分布するゲレザ(別名アビシニアコロブス)C.p.abyssinicus,その南部の森林地帯に分布するアンゴラコロブスC.p.angolensis,西アフリカのウェスタンコロブスC.p.polykomos,ガボン,カメルーンにすむ全身真っ黒なクロコロブスC.p.satanasの4系統に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロシロコロブス
くろしろころぶす
black and white colobus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。アンゴラコロブスColobus angolensisとアビシニアコロブスC. abyssinicusの2種をさす。サハラ砂漠以南で、アンゴラとタンザニアを結ぶ線より北の森林に分布。両種とも地方差が著しく、多くの亜種に区分される。体毛の色は黒を基調として、顔の周囲、肩、尾に白い部分があり、そのパターンは亜種によって違う。新生子は全身白い。体長60センチメートル、尾長80センチメートルになる。美しい毛皮のため乱獲されたが、現在では厳重に保護されている。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロシロコロブスの言及

【コロブスモンキー】より

…【黒田 末寿】。。…

【コロブスモンキー】より

…生後まもない赤ん坊は母親の口にくわえられて運ばれるという真猿類にはまれな習性をもつ。クロシロコロブスC.polykomos(イラスト)は,頭胴長約70cm,体重約11kg,アフリカの熱帯降雨林,山地林に広く生息する。これはさらに白いほお毛や肩毛が黒い体毛と美しいコントラストをなすアビシニアコロブス(ゲレザともいう)C.p.abyssinicusとアンゴラコロブスC.p.angolensis,ウェスタンコロブスC.p.polykomosおよび全身真っ黒なクロコロブスC.p.satanasに大別されるが,前3者はその中でも地域変異が多い。…

※「クロシロコロブス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロシロコロブスの関連キーワードキリマンジャロ国立公園アルーシャ国立公園ルボンド島国立公園カメルーンガボン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android