コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスサイト・スクリプティング cross-site scripting

1件 の用語解説(クロスサイト・スクリプティングの意味・用語解説を検索)

情報セキュリティ用語辞典の解説

クロスサイト・スクリプティング

Web上で使用されるCGIなどのプログラムの中にある脆弱性の1つ。悪意のあるWebサイトを閲覧すると、スクリプトを実行でき、クッキーの漏えい、ファイルの破損といった被害が発生する。対策としてはサニタイジング(入力の無害化)などが必要。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスサイト・スクリプティングの関連キーワードサービスプログラムサーブレットCGIセットアッププログラムマルチプログラミングユーティリティープログラムゲームプログラマーコントロールプログラム再帰プログラムプログラムライブラリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロスサイト・スクリプティングの関連情報