コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスサイト・スクリプティング cross-site scripting

情報セキュリティ用語辞典の解説

クロスサイト・スクリプティング

Web上で使用されるCGIなどのプログラムの中にある脆弱性の1つ。悪意のあるWebサイトを閲覧すると、スクリプトを実行でき、クッキーの漏えい、ファイルの破損といった被害が発生する。対策としてはサニタイジング(入力の無害化)などが必要。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

クロスサイト・スクリプティングの関連キーワードWebフォームCookieWebセントリックマーケティングCGIWebHTTP多変量着地ページ最適化cookieWebサイトWebプレゼンス管理