コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスサイト・スクリプティング cross-site scripting

情報セキュリティ用語辞典の解説

クロスサイト・スクリプティング

Web上で使用されるCGIなどのプログラムの中にある脆弱性の1つ。悪意のあるWebサイトを閲覧すると、スクリプトを実行でき、クッキーの漏えい、ファイルの破損といった被害が発生する。対策としてはサニタイジング(入力の無害化)などが必要。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について | 情報

クロスサイト・スクリプティングの関連キーワードWebフォームCookieWebセントリックマーケティングCGIWebHTTP多変量着地ページ最適化cookieWebサイトWebプレゼンス管理

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロスサイト・スクリプティングの関連情報