クロスライセンス(読み)くろすらいせんす

ASCII.jpデジタル用語辞典「クロスライセンス」の解説

クロスライセンス

企業が所有する製造技術特許使用の技術をほかの企業と相互に使用することを許諾すること。お互いが保有する特許を交換して利用することで、特許紛争を事前に回避するとともに開発費用を軽減するなどの利点がある。近年は技術が複雑化しており、また競争が激化していることなどから、他社が保有する特許に抵触せずに技術開発することが難しくなっている。このために、技術提携一環としてクロスライセンス契約を交わす企業が増えている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

産学連携キーワード辞典「クロスライセンス」の解説

クロスライセンス

「クロスライセンス」とは、特許の権利者がそれぞれの所有する権利を相互(クロス)に特許技術の実施権を許諾(ライセンス)すること。特許を保有するそれぞれの権利者が「クロスライセンス」(相互に実施権を許諾)することで権利関係の制約が緩和され、製品を製造しやすくなる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉「クロスライセンス」の解説

クロス‐ライセンス(cross license)

相互使用特許権。特許権を持っている各企業が、特許権はそのまま、互いにその実施権のみを与えあうこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例