クロスライセンス(読み)くろすらいせんす

  • cross licence
  • cross license

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

企業が所有する製造技術特許使用の技術をほか企業相互に使用することを許諾すること。お互いが保有する特許を交換して利用することで、特許紛争を事前に回避するとともに開発費用を軽減するなどの利点がある。近年は技術が複雑化しており、また競争が激化していることなどから、他社が保有する特許に抵触せずに技術開発することが難しくなっている。このために、技術提携一環としてクロスライセンス契約を交わす企業が増えている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

産学連携キーワード辞典の解説

「クロスライセンス」とは、特許の権利者がそれぞれの所有する権利を相互(クロス)に特許技術の実施権を許諾(ライセンス)すること。特許を保有するそれぞれの権利者が「クロスライセンス」(相互に実施権を許諾)することで権利関係の制約が緩和され、製品を製造しやすくなる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

自社の技術を提供することを条件に、他企業から新しい技術を導入すること。相互技術供与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロスライセンスの関連情報