コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロセチン クロセチン crocetin

1件 の用語解説(クロセチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロセチン
クロセチン
crocetin

化学式 C20H24O4 。安定なトランス形は融点 285℃の赤褐色結晶。サフランの柱頭にジゲンチオビオース配糖体のクロシンとして存在する。一種のカロテノイド色素であるが,2個のカルボキシル基をもっていて,ピリジンなどの有機塩基溶媒や,ごく希薄な水酸化ナトリウム溶液などには塩をつくって溶けるが,水や普通の有機溶媒にはごくわずかしか溶けない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロセチンの関連キーワードアジ化鉛塩素酸ナトリウム炭酸ナトリウム二クロム酸ナトリウム不安定な釣り合い・不安定な釣合い塩化金酸ナトリウムグラム式量ケイ皮酸(桂皮酸)ホウ酸ナトリウム(硼酸ナトリウム)ヨード水銀酸塩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロセチンの関連情報