コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロニコン・パスカーレ クロニコン・パスカーレChronicon Paschale

1件 の用語解説(クロニコン・パスカーレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロニコン・パスカーレ
Chronicon Paschale

631~641年に書かれたビザンチン中期の年代記。無名の聖職者により書かれ,序論に復活祭についての考察があるところから『復活祭年代記』と命名された。天地創造から 628年までを扱い,カエサレアエウセビオスの『年代記』と並び称せられる。これはビザンチン暦 (5507年3月 21日を第1日目とする) を初めて使用している点が特色で,内容的には類書の抜粋が多く,独立した資料価値があるのは7世紀のみである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロニコン・パスカーレの関連キーワードギガ舒明天皇ヘラクレイオス舒明天皇舒明天皇日本航空王寺工業高校百済王氏余豊璋

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone