クロロフルオロカーボン(英語表記)chlorofluorocarbon

大辞林 第三版の解説

クロロフルオロカーボン【chlorofluorocarbon】

炭化水素の水素原子の少なくとも一個をフッ素原子で置換した化合物の総称。通常、フッ素以外に塩素も含む。一般に、無色無臭。低沸点の液体で、化学的に安定。冷蔵庫などの冷媒、エーロゾル噴霧剤・消火剤などに広く用いられてきた。大気中に放出されると紫外線で光分解して塩素ガスを発生し、成層圏でオゾン層を破壊するため使用が規制される。フロン。フレオン。 CFC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android