コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロフルオロカーボン chlorofluorocarbon

大辞林 第三版の解説

クロロフルオロカーボン【chlorofluorocarbon】

炭化水素の水素原子の少なくとも一個をフッ素原子で置換した化合物の総称。通常、フッ素以外に塩素も含む。一般に、無色無臭。低沸点の液体で、化学的に安定。冷蔵庫などの冷媒、エーロゾル噴霧剤・消火剤などに広く用いられてきた。大気中に放出されると紫外線で光分解して塩素ガスを発生し、成層圏でオゾン層を破壊するため使用が規制される。フロン。フレオン。 CFC 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クロロフルオロカーボンの関連キーワードオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書フランク・シャーウッド ローランド環境汚染物質排出移動登録制度世界の環境問題(年表)フロン回収・破壊法オゾン層保護法オゾン層の破壊ウィーン条約温室効果ガスオゾン層破壊フッ化炭素ローランド代替フロン特定フロン炭化水素オゾン層水素原子フレオンHCFC大気化学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロロフルオロカーボンの関連情報