コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロード-モネの家と庭園 クロードモネのいえとていえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

クロードモネのいえとていえん【クロード-モネの家と庭園】

フランスの首都パリの西約70km、セーヌ川沿いの小さな村ジヴェルニー(Giverny)の郊外にある、同国を代表する印象派の画家の一人クロード・モネ(Claude Monet、1840~1926年)が暮らした家。モネは43歳のときに移り住み、この家で生涯を閉じた。モネの代表作である「睡蓮」の連作は、この家で1890年代終わりから描き始めた。淡いピンク色の外壁の建物で、モネが暮らしてた当時のままのダイニング、キッチン、家具などがあり、アトリエやモネの膨大な浮世絵コレクションを見学することができる。また、色とりどりの花が咲き乱れる庭園と、日本橋(太鼓橋)がある蓮池の庭園がある。この池が「睡蓮」のモチーフになっている。パリのサンラザール駅からルーアン行きに乗り、ヴェルノン(Vernon)駅で下車して、バスを利用してアクセスできる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

クロード-モネの家と庭園の関連キーワード陽関JR宝塚線脱線事故JR福知山線脱線事故阿寺断層揖保川ウェーザー[川]ウプサラオトラント海峡海河鹿児島湾

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android