コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワモドキ

百科事典マイペディアの解説

クワモドキ

オオブタクサの別名。→ブタクサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワモドキ

オオブタクサ(大豚草)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワモドキ
くわもどき / 桑擬
[学]Ambrosia trifida L.

キク科の一年草。別名オオブタクサ。茎は直立し、高さ3メートルにも達する。葉は掌(しょう)状に3~5中裂し、両面ともざらつき、すべて対生する。雄花序は枝の先端に穂状に集まり、その下方に雌花序をつける。北アメリカ原産の帰化植物で、日本での最初の記録は1952年(昭和27)静岡県で野生化しているのがみつかり、その後広く各地に広がり、花粉症の原因とされている。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクワモドキの言及

【ブタクサ】より

…和名は英名hogweedの訳語。 同じく北アメリカ原産の帰化植物であるクワモドキA.trifida L.は茎が高さ3mに達し,別名をオオブタクサという。ブタクサ同様花粉症をひき起こす。…

※「クワモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クワモドキの関連キーワード外来生物大豚草

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android