コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワモドキ クワモドキ

3件 の用語解説(クワモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワモドキ
クワモドキ

「オオブタクサ (大豚草)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワモドキ
くわもどき / 桑擬
[学]Ambrosia trifida L.

キク科の一年草。別名オオブタクサ。茎は直立し、高さ3メートルにも達する。葉は掌(しょう)状に3~5中裂し、両面ともざらつき、すべて対生する。雄花序は枝の先端に穂状に集まり、その下方に雌花序をつける。北アメリカ原産の帰化植物で、日本での最初の記録は1952年(昭和27)静岡県で野生化しているのがみつかり、その後広く各地に広がり、花粉症の原因とされている。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクワモドキの言及

【ブタクサ】より

…和名は英名hogweedの訳語。 同じく北アメリカ原産の帰化植物であるクワモドキA.trifida L.は茎が高さ3mに達し,別名をオオブタクサという。ブタクサ同様花粉症をひき起こす。…

※「クワモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone