クーチュール(英語表記)Couture, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーチュール
Couture, Thomas

[生]1815.12.21. サンリス
[没]1879.3.30. ビリエルルベル
フランスの歴史画,肖像画家。初め A.グロ弟子となったが,師の死後 P.ドラローシュのアトリエに学んだ。大胆な色彩の対比と自由な筆致で歴史画風俗画を描き,第2帝政時代の代表的な画家。印象派のマネ,P.シャバンヌ,H.F.ラ・トゥールは彼の弟子。代表作『退廃のローマ人』 (1847,オルセー美術館) ,『ローマの祭り』 (ロンドン,ウォレス・コレクション) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android