クーチュール(英語表記)Couture, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーチュール
Couture, Thomas

[生]1815.12.21. サンリス
[没]1879.3.30. ビリエルルベル
フランスの歴史画,肖像画家。初め A.グロ弟子となったが,師の死後 P.ドラローシュのアトリエに学んだ。大胆な色彩の対比と自由な筆致で歴史画風俗画を描き,第2帝政時代の代表的な画家。印象派のマネ,P.シャバンヌ,H.F.ラ・トゥールは彼の弟子。代表作『退廃のローマ人』 (1847,オルセー美術館) ,『ローマの祭り』 (ロンドン,ウォレス・コレクション) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android