コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーポン共同購入サイト クーポンキョウドウコウニュウサイト

3件 の用語解説(クーポン共同購入サイトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クーポン‐きょうどうこうにゅうサイト〔‐キヨウドウコウニフ‐〕【クーポン共同購入サイト】

共同購入型クーポンサイト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クーポン共同購入サイト

飲食や宿泊、エステレジャーなどのサービスや様々な商品の割引クーポンを、インターネットを通じて、期間限定で販売するホームページ。あらかじめ設定した購入者数が集まれば、クーポンが格安で購入できる。昨年以降、おせち料理が届かなかったり、商品が見本の画像と違っていたりするなどのトラブルが表面化している。

(2012-09-04 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーポン共同購入サイト
くーぽんきょうどうこうにゅうさいと

食料品、宿泊、レジャーなどのモノやサービスをインターネットを通じて期間・数量限定で割安に購入できるサイト。利用者はサイト運営会社を通じて代金を前払いする仕組みで、販売業者は一時期に大量のモノやサービスを売りさばくことができるため、5割以上の大幅割引きをすることもある。ただし、最低購入数と上限数が決まっているケースが多い。2008年に、アメリカのクーポン共同購入サービスグルーポンGroupon社が事業を開始。日本では2010年(平成22)春からサービスが始まり、消費者の節約志向にマッチしたため、市場規模は毎月2~5倍で急成長を遂げ、2010年末で200を超える購入サイトが誕生した。しかし2011年の年明けに、業界最大手のグルーポン・ジャパンを通じて販売したおせち料理が見本と違いすぎるなどのトラブルが発覚、サイト運営や消費者保護のあり方が問題になった。
 それ以前よりクーポンが実際に使えないなどのトラブルが相次いでいたこともあり、消費者庁は業界への指導に乗り出した。クーポン共同購入市場の急成長も止まっており、業界団体を立ち上げて審査の統一ルールをつくったり、クーポンで購入できる商品やサービスの審査を外部に委託したりする動きが出ている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーポン共同購入サイトの関連キーワードサービス産業サービスダウンサービスヤードルームサービスワゴンサービスサービスガールセカンドサービス日本レジストリサービス共同購入サイト割引クーポンの共同購入サイト

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーポン共同購入サイトの関連情報