コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グヌンパルン国立公園 グヌンパルンコクリツコウエン

1件 の用語解説(グヌンパルン国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グヌンパルン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【グヌンパルン国立公園】

Gunung Palung National Park》インドネシア中部、カリマンタン島(ボルネオ島)西部にある国立公園。1937年に開設された森林保護区に起源し、1990年に国立公園になった。パルン山を中心にフタバガキを主体とする熱帯雨林が広がり、オランウータンテングザルなどの霊長類が生息する。近郊の主な町はスカダナパルン山国立公園

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

グヌンパルン国立公園の関連キーワード国民国家杉山けいすけアグン山キナバル山アウ山エゴン山グデ山クリムトゥ山クリンチ山ゲデ山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone