コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラススキー grass skiing

翻訳|grass skiing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラススキー
grass skiing

刈り込まれた芝生の斜面を滑走する,雪上スキーに似たスポーツ無限軌道がついた長さ 70~80cmの短いスキー板を使用する。 1967年にドイツで考案された。基本的な動作や技術などはスキーとほとんど同じであるため,スキー選手や愛好者のシーズンオフトレーニングとしてヨーロッパを中心に広まった。 1979年国際スキー連盟 FIS主催の世界選手権大会が初めて開かれた。種目はアルペンスキーとほぼ同様の回転,大回転,スーパー大回転がある。日本には 1970年代に輸入され,1985年日本グラススキー協会が設立。アウトドアレジャーとして,またスキー場の夏季有効利用や雪の少ない地域で行なうスポーツとして普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グラス‐スキー(grass skiing)

キャタピラ式のスキーで芝の斜面を滑るスポーツ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グラススキー

キャタピラ・ベルト付きスキーで天然芝もしくは人工芝の斜面を滑走する,オールシーズンのスキー。1960年代にドイツのヨーゼフ・カイガルがスノースキーの夏季トレーニング用として考案した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グラススキー

芝の斜面をキャタピラ式のスキーで滑るスポーツ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

グラススキーの関連キーワード霧島高原まほろばの里ローラースポーツニュースポーツターフスキーアルペン競技ローンスキー中尾山高原木屋平