コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラックマン グラックマン Gluckman, Herman Max

2件 の用語解説(グラックマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラックマン
グラックマン
Gluckman, Herman Max

[生]1911.1.26. ヨハネスブルク
[没]1975.4.13. エルサレム
南アフリカ生れのイギリス社会人類学者。人類学者による都市研究を推進したマンチェスター学派中心人物。 B.マリノフスキーに師事したのち,オックスフォード大学講師を経て,マンチェスター大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラックマン
ぐらっくまん
Max Gluckman
(1911―1975)

イギリスの人類学者。南アフリカ連邦(現、南アフリカ共和国)で生まれ、ウィトウォーターズとオックスフォード両大学で人類学と法学を学ぶ。ヨハネスバーグローズリビングストン研究所などを経て、1949年以降マンチェスター大学教授。アフリカ諸部族の調査研究に基づき、「闘争中に平和あり」の動的な社会構造論を唱えてイギリス社会人類学の伝統を発展させ学際的な紛争研究にも貢献、またバローツェ部族法を分析してコモン・ローにも準ずる法的諸原則・諸制度が発達していることを報告して法人類学の発達に足跡を残した。そのほか業績も多く、1962~1966年には英連邦社会人類学会議長を務め、また多くの学者を養成し学界の組織者としても活動が大きかった。[千葉正士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラックマンの関連キーワードヨハネスブルクヨハネスブルク・サミットヨハニスブルク城ヨハネスブルク城ヨハネ伝サントンヨハネス[8世](教皇)ヨハネス[21世]ヨハネス[23世](教皇)ヨハネス・ア・ラスコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラックマンの関連情報