コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法人類学 ほうじんるいがくanthropology of law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法人類学
ほうじんるいがく
anthropology of law

文化人類学の分野に系統づけられる新しい学問。 19世紀末までは比較民俗法学が主流となっていたが,B.マリノフスキーらに代表されるイギリス機能主義学派は,社会組織の研究を通じて E.エールリヒの唱えた「生ける法」を発展させ,その研究方法の樹立を試み,社会的規範や慣習を含めた人間社会の法を具体的にとらえ,重視するようになった。以後,イギリスのアフリカ研究を基礎に,国家法とも関連づけた多元的な法体制の研究へと発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじんるいがく【法人類学 anthropology of law】

人類学的方法による法の研究をいう。従来はいわゆる未開社会の法を対象としてきたが,最近は対象を西欧社会にも広げ,法に関する意識,態度,価値観,信念などを広く法文化legal cultureとして研究する動向がみられる。同様に,国家法以外の慣習法,固有法,非公式法unofficial lawなどをフォーク・ローfolk lawとして一括,研究しようとする動向,さらに国家法とこれらフォーク・ローとの同化,緊張の関係を多元的法体制として研究する動きもあらわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法人類学
ほうじんるいがく

人類学的方法による法の研究をいう。この学問的関心は、19世紀後半にメーンやモルガンなどから始まり、20世紀にマリノフスキーやラドクリフ・ブラウンらにより基礎づけられ、それら人類学者の業績が、第二次世界大戦後に新しい法社会学の成果とみられるようになった。さらに、ホーベルグラックマンら人類学者の未開法研究により、1960年前後から法現象を対象とした社会科学の新特殊分野に発展した。それは、未開社会の親族・土地・紛争処理などに関する固有法を主対象としたが、それらも戦後独立した新興国の国家法と対立緊張しつつ併存している事実が、70年代以降法学者・政治学者らの参加により重視された結果、非西欧諸国における固有の紛争処理手段と国家裁判所との関係、ひいて多元的法体制legal pluralismが問題として確立した。また、それに伴う法意識・法文化legal cultureの多元性も問題となり、さらに最近は、それらの問題意識が西欧社会における国家法以外の裁判代替手段や法慣行へも関心を呼び起こし、西欧・非西欧にまたがるfolk lawの観念を生むに至った。
 法人類学は、独立の社会科学としての名称、対象、方法、体系がまだ確立したわけではないが、南北問題に象徴されるように西欧的近代法一元の法律観を反省し、法における文化的差異に着目、法を文化の一形態として見直そうとするもので、その現代的意義からいっそうの発達が期待されている。アジア諸国はアフリカ諸国と並んでその重要な対象領域であり、ゆえにわが国の学者にも積極的な参与が期待されている新しい学問である。[千葉正士]
『千葉正士著『現代・法人類学』(1969・北望社) ▽S・ロバーツ著、千葉正士監訳『秩序と紛争――法人類学入門』(1982・西田書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法人類学の関連キーワードハーマン・マックス グラックマンエドワード・アダムソン ホーベルエミリー デシャネルキャシー ライクスポール ボハナンサンクションBONES穂積陳重

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android