コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラッセ グラッセ 〈フランス〉glacé

4件 の用語解説(グラッセの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グラッセ(〈フランス〉glacé)

にんじんなどを、バターを加えた煮汁でつやよく煮たもの。バター煮。つや煮。
砂糖汁や蜜などで煮た菓子。「マロングラッセ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

グラッセ【glacer/gracé(フランス)】

フランス料理で、バターを加えた煮汁で煮るなどしてつやを出すこと。また、その料理。
②フランス料理で、菓子などに糖衣をきせること。また、糖衣をきせたもの。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グラッセ【glacer】

フランス料理の用語。本来,凍らせる,冷やすの意で,冷凍庫などで冷やし固めたり,材料を氷で冷たく冷やすことを指す。つやをつけるという意味もあり,つけ合わせに用いるニンジン,小タマネギなどをバター,砂糖,少量の塩を加えた水で水分がなくなるまで煮て,表面につやを出したり(日本では〈ニンジンのグラッセ〉などと料理名のように呼ぶことが多い),冷製料理にゼリーをかけたり,マロングラッセのように菓子に糖衣をかけて表面につやをつけることなどを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グラッセ【glacé】

シロップで煮た菓子。 「マロン--」
バターを加えて煮つめ、つやを出した料理。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラッセの関連キーワードアントレシャーベットフランス料理ポワレムール貝エクルビス辻静雄コックオバンヌーベル・キュイジーヌミラノ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラッセの関連情報