コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラニュライト相 グラニュライトそう granulite facies

2件 の用語解説(グラニュライト相の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニュライト相
グラニュライトそう
granulite facies

ある変成岩の生成された温度や圧力が比較的一定である鉱物群を表わす鉱物相の一つ。広域変成作用で通常起こる条件下では,最も高い温度,圧力でつくられる岩石を表わす。これは P.エスコラによって提唱 (1929) された鉱物相で,角閃岩相よりも高温で,輝石ホルンフェルス相よりも高圧の鉱物相を表わすが,温度は 500~650℃,圧力数千気圧の変成条件に対応する鉱物相である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラニュライト相の関連キーワード接触変成岩最高変成度多相変成作用周辺変成作用メソ-等物理系列アイソグレード岩変成岩複合岩体メタモルファイトメソ─

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone