グラニュライト相(読み)グラニュライトそう(英語表記)granulite facies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニュライト相
グラニュライトそう
granulite facies

ある変成岩の生成された温度や圧力が比較的一定である鉱物群を表わす鉱物相の一つ。広域変成作用で通常起こる条件下では,最も高い温度,圧力でつくられる岩石を表わす。これは P.エスコラによって提唱 (1929) された鉱物相で,角閃岩相よりも高温で,輝石ホルンフェルス相よりも高圧の鉱物相を表わすが,温度は 500~650℃,圧力数千気圧の変成条件に対応する鉱物相である。グラニュライト相の岩石にみられる鉱物は,ホルンブレンド,輝石,黒雲母柘榴石,斜長石,石英あるいは橄欖石などである。この鉱物相に特徴的なことは,角閃石や雲母のような水を含む鉱物が少く,パイロープ成分に富む柘榴石が出現することである。この相の岩石は造山帯の中心部に広い面積を占めて出現する場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android