コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラニュ糖 グラニュとう

百科事典マイペディアの解説

グラニュ糖【グラニュとう】

高級ざらめ(双目)糖結晶が細かく,さらさらした砂のような感触がある。結晶粒の大きさは普通のざらめ糖と砂糖(車(くるま)糖)の中間。糖分約99.8%。上白糖に比してくせのない淡白な甘さであり,コーヒー,紅茶などの喫茶甘味料,高級菓子類の甘味料に用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラニュとう【グラニュ糖 granulated sugar】

精製糖の一種で,精製蔗糖液を濃縮し,煎糖法により粒状に結晶を出させたもの。一般にざらめ糖の小粒のものと考えることができる。結晶の大きさは通常0.5mm以下のもので,蔗糖純度は高く99.8%程度である。原料はサトウキビおよびテンサイである。ざらめに比較して小粒なために水に溶けやすく,また上白糖と比較してくせのない淡白な甘さをもつため,日本では第2次大戦後コーヒー,紅茶などに広く用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグラニュ糖の言及

【砂糖】より

…このほか,カエデ糖(サトウカエデ),ヤシ糖(サトウヤシ),ソルガムシュガー(サトウモロコシ)なども外国では一部生産されている。
[製法による分類]
 カンショ糖は通常,サトウキビ栽培地周辺で原料糖(糖度96~98度の黄褐色の結晶)にし,これを消費地に運んで白砂糖,グラニュ糖などに精製される。しかし場合によっては,産地で直接白い砂糖にまで精製されることがあり,これを耕地白糖と呼ぶ。…

※「グラニュ糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グラニュ糖の関連キーワードフロストシュガーざらめ(双目)糖ドーナツ粉砂糖精製糖氷砂糖

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラニュ糖の関連情報