粗目糖(読み)ざらめとう(英語表記)granulated sugar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗目糖
ざらめとう
granulated sugar

砂糖の1種で,粒の大きい,糖度の高い (99%以上) 分蜜糖転化糖,灰分,水分,非糖有機物がきわめて少いので貯蔵しやすく,加熱した場合でも褐色になりにくい。そのため,清涼飲料や乳幼児の乳製品,菓子などに用いられる。性状により白粗 (五温) ,中粗,グラニュー糖に分けられる。白粗の結晶の大きさは 20~8メッシュで一級品の糖度は 99.96%以上である。業務用が多い。中粗の結晶の大きさは白粗と同程度で,カラメルをかけてあるため黄褐色を呈する。佃煮,キャラメルなどの加工用が主である。一級品の糖度は 99.92%以上である。グラニュー糖は 80~20メッシュの比較的小さい結晶であるから溶けやすく,味は淡泊である。家庭用,喫茶用が多い。ほかに裾物として赤粗と黄粗がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ざらめとう【粗目糖】

分蜜糖ぶんみつとうのうち、結晶粒のあらい、ざらざらした砂糖。ざらめ。ハード-シュガー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android