コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラニョ Granö, Johannes G.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニョ
Granö, Johannes G.

[生]1882
[没]1956
フィンランドの地理学者。ヘルシンキ大学地理学教室 (1893創設) の最初の教授。シュリーターの景観地理学の影響を強く受けたが,景観を感覚によって感知される自然環境と理解して,その体系化に努め,今日の現象論的地理学の先駆をなした学者といわれている。方法論に関する研究のほかフィンランドおよびエストニア地誌に関する著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グラニョの関連キーワード新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三早稲田大学市川崑コーマン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android