グラムイオン(読み)ぐらむいおん(英語表記)gram ion

日本大百科全書(ニッポニカ)「グラムイオン」の解説

グラムイオン
ぐらむいおん
gram ion

イオンの量を表す単位。イオンの式量にグラムをつけたものを1グラムイオンという。原子および分子におけるグラム原子およびグラム分子に相当する。現在ではこの用語は普通使われておらず、かわりにモルが使われている。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「グラムイオン」の解説

グラム‐イオン

〘名〙 (gram ion) イオンの量を表わす単位。アボガドロ数個(6.02×1023)のイオン集団の質量を一グラムイオンといい、イオン一モルに相当する。これはイオンの化学式量にグラムをつけた量に等しい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android