コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学式量 かがくしきりょう

百科事典マイペディアの解説

化学式量【かがくしきりょう】

単に式量とも。一つの化合物を化学式で示したときのその成分原子の原子量の和をいう。塩化ナトリウムNaClのような,単独の分子の存在を認め難いものなどに対して,分子量代りに用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがくしきりょう【化学式量 chemical formula weight】

物質を原子の集りとして化学式で表すとき,各原子の原子量の総和をいい,略して単に式量ともいう。物質が分子からできている場合にはその分子量が化学式量であるが,無機物には分子としては存在しない物質が多いので,これらの物質に対しては化学式量を用いる。たとえば食塩の結晶はナトリウム原子Naと塩素原子Clが1対1の割合でできているが,NaClという分子からできているわけではないので,化学式NaClで示されるNaとClのそれぞれの原子量22.99と35.45の和58.44を食塩の化学式量とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android