コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランボア Alain Grandbois

世界大百科事典 第2版の解説

グランボア【Alain Grandbois】

1900‐75
フランス系カナダの詩人。両大戦間にフランスを中心として世界中を広く回り,旅行家,冒険者として名をなし,《ケベック生れ:ルイ・ジョリエ》(1933)や《マルコ・ポーロの冒険》(1942)などを著した。詩人としては《夜の島々》(1944)などで1950年代,60年代のフランス系カナダ詩人に強い影響を与えた。作品には実存主義的思考が濃厚に影を落とし,人間存在の不条理に寄せる詩人のまなざしが強く人の心を打つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランボア
ぐらんぼあ
Alain Grandbois
(1900―1975)

カナダの詩人。フランス系。広く世界を旅行し、存在の内奥から湧(わ)き上がる詩想を、「沈黙の星座」「消え行く天体」といった宇宙的な広がりをもつ、幻想的なイメージを用いて形象化することに成功。『夜の島々』(1944)、『人間の寄る辺(べ)』(1948)、『真紅の星』(1957)などの詩集がある。[西本晃二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グランボアの関連キーワードマルコ・ポーロ西本晃二寄る辺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android