コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランボア Alain Grandbois

2件 の用語解説(グランボアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グランボア【Alain Grandbois】

1900‐75
フランスカナダの詩人。両大戦間にフランスを中心として世界中を広く回り,旅行家,冒険者として名をなし,《ケベック生れ:ルイ・ジョリエ》(1933)や《マルコポーロの冒険》(1942)などを著した。詩人としては《夜の島々》(1944)などで1950年代,60年代のフランス系カナダ詩人に強い影響を与えた。作品には実存主義的思考が濃厚に影を落とし,人間存在の不条理に寄せる詩人のまなざしが強く人の心を打つ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランボア
ぐらんぼあ
Alain Grandbois
(1900―1975)

カナダの詩人。フランス系。広く世界を旅行し、存在の内奥から湧(わ)き上がる詩想を、「沈黙の星座」「消え行く天体」といった宇宙的な広がりをもつ、幻想的なイメージを用いて形象化することに成功。『夜の島々』(1944)、『人間の寄る辺(べ)』(1948)、『真紅の星』(1957)などの詩集がある。[西本晃二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グランボアの関連キーワードサマンベランジェベルハーレンマロレニエボワローFLQコペーカナダドル日系カナダ人の強制収容

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone