グラーツィア デレッダ(英語表記)Grazia Deledda

20世紀西洋人名事典の解説


1871 - 1936
イタリア作家
サルディーニャ島ヌオロ生まれ。
若くして作家となり、1900年に結婚してからも主婦業の合間に文学活動に励む。’26年、ノーベル賞受賞。故郷サルデーニャの風土舞台とし、個人の内面の罪と救済の問題をテーマとして劇的な展開をする作品が多い。しかし、こうした作品群が、大衆小説として当時のプチブルジョアジーに愛好された作品であって、結果的にファシズム体制を支持したという事実は拭いきれない。著書に、「」(’04年)、「木蔦」(’08年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android