グラーツィア デレッダ(英語表記)Grazia Deledda

20世紀西洋人名事典の解説

グラーツィア デレッダ
Grazia Deledda


1871 - 1936
イタリアの作家。
サルディーニャ島ヌオロ生まれ。
若くして作家となり、1900年に結婚してからも主婦業の合間に文学活動に励む。’26年、ノーベル賞受賞。故郷サルデーニャの風土を舞台とし、個人の内面の罪と救済の問題をテーマとして劇的な展開をする作品が多い。しかし、こうした作品群が、大衆小説として当時のプチブルジョアジーに愛好された作品であって、結果的にファシズム体制を支持したという事実は拭いきれない。著書に、「灰」(’04年)、「木蔦」(’08年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android