コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリノー Horatio Greenough

世界大百科事典 第2版の解説

グリノー【Horatio Greenough】

1805‐52
アメリカの新古典主義彫刻家。ボストン生れ。1825年ハーバード大学を出てすぐローマに赴き,アメリカ人としてごく早い時期に新古典主義彫刻の技法を身につける。モニュメンタルな肖像彫刻を多く制作したが,ギリシア神話,聖書,バイロンなどに発想を求めるロマン主義的な心情と,ギリシア・ローマの古代彫刻に規範を仰ぐ志向との間に分裂がみられた。建築と装飾との関係を考察したエッセー集(1852)も残す。死の前年までイタリアにとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリノーの関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーホフマンコーンウォリスネルソンネルソンゲーテとシラーの霊廟トラファルガー広場ワイマールのシラーの家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android