コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリムケ姉妹 グリムケしまいGrimké sisters

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリムケ姉妹
グリムケしまい
Grimké sisters

(姉) セアラ  Sarah (Moore)   1792.11.26. サウスカロライナチャールストン~1873.12.23. マサチューセッツ,ハイドパーク 
(妹) アンジェリナ  Angelina (Emily)   1805.2.20. サウスカロライナ,チャールストン~1879.10.26. マサチューセッツ,ハイドパーク 
アメリカの奴隷廃止運動家。女性解放論者。フィラデルフィアで奴隷廃止運動家のグループに参加し,1835年アンジェリナの W.ギャリソンあての手紙がアメリカ反奴隷制協会機関紙『解放者』に掲載され一躍有名になった。 38年ニューヨークに姉妹で移り女性解放運動を指導した。同年アンジェリナは有名な奴隷制廃止論者 T.ウェルドと結婚。まもなく姉妹とも公的活動から手をひきウェルドの自由主義的な学校運営を助けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリムケしまい【グリムケ姉妹】

アメリカの奴隷制廃止論者,女権運動家。姉はセーラSarah Moore Grimké(1792‐1873),妹はアンジェリーナAngelina Emily Grimké(1805‐79)。南部の大奴隷主の名家に生まれながら,家族と離れ北部に移住してクエーカーに改宗。1837年から38年にかけてニューイングランド,ニューヨーク一帯を奴隷制廃止について講演して回り,有名になった。女性が講演活動を行うということで非難を受けると,女性の権利をも主張するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグリムケ姉妹の言及

【婦人参政権運動】より

… 婦人参政権運動は1830年代の奴隷廃止運動のなかから生まれた。大衆の前で奴隷制廃止を訴えたグリムケ姉妹は,自分たちが女性であるためにその行為を非難されたことを知り,奴隷の権利とともに女性の権利を要求するようになった。L.C.モットE.C.スタントンも,同様な経験から女性解放の必要性を痛感し,48年,スタントンたちはニューヨークのセネカ・フォールズで女性の大集会を開いた(セネカ・フォールズ会議)。…

※「グリムケ姉妹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリムケ姉妹の関連キーワードグリムケ(姉妹)奴隷制廃止運動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android