コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーンジョブ グリーンジョブ green job

1件 の用語解説(グリーンジョブの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グリーン‐ジョブ(green job)

環境への負荷を持続可能な水準まで低減させながら、事業として採算がとれる仕事。国際労働機関ILO)が提唱。環境保全雇用創出の両面で効果が期待できる。再生可能エネルギーや廃棄物管理システムの設計・建設、環境に優しい輸送システムの開発、製造業における部品・材料の再製造エネルギー効率の高い建物の建設、廃棄物の回収・処理・再利用などの産業が挙げられる。→グリーンニューディール
[補説]ブラジルではバイオマスエタノールの普及促進で2006年に50万人以上の雇用を創出。中国では太陽熱システム製造で2005年に60万人の雇用を創出している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリーンジョブの関連キーワード持続可能な開発持続可能な開発に関する世界サミット環境効率サステイナブルごみの3R持続可能な開発国際戦略本部持続可能な開発のための教育(ESD)リオ+20(国連持続可能な開発会議)サステイナビリティー(持続可能性)持続可能な開発委員会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリーンジョブの関連情報