コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルタミン酸ナトリウム グルタミンサンナトリウム

4件 の用語解説(グルタミン酸ナトリウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グルタミンさん‐ナトリウム【グルタミン酸ナトリウム】

グルタミン酸の二つのカルボキシル基のうちの一つが中和されたモノナトリウム塩。明治41年(1908)池田菊苗が昆布だしのうまみ成分として発見。うまみ調味料などに用いる。グルタミン酸ソーダ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

グルタミン酸ナトリウム

 通常グルタミン酸一ナトリウム.うま味調味料として世界で年間100万t以上生産されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グルタミンさんナトリウム【グルタミン酸ナトリウム】

グルタミン酸一いちナトリウム

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルタミン酸ナトリウム
ぐるたみんさんなとりうむ

グルタミン酸ソーダともいう。グルタミン酸のモノナトリウム塩で、二つの酸基のうちいずれかにナトリウムが入ったもの。化学名の略号であるMSG(monosodium glutamate)ともよぶ。1908年(明治41)池田菊苗(きくなえ)が昆布のうま味成分としてグルタミン酸を発見し、翌年、ナトリウム塩を結晶状に分離してうま味調味料「味の素(もと)」として商品化された。初期の製法は小麦グルテンや脱脂大豆タンパクを原料にした分解抽出法であったが、1956年(昭和31)からは協和醗酵(はっこう)工業(現、協和発酵キリン)株式会社が発明した微生物を利用した発酵法が用いられている。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグルタミン酸ナトリウムの言及

【池田菊苗】より

…これは彼の実学志向,化学工業への物理化学の有効性の主張等によるものと思われる。同年コンブのうまみ成分の研究から調味料グルタミン酸ナトリウムを発見し,翌年製造特許を得た。これは〈味の素〉の商品名でただちに製造・販売された。…

※「グルタミン酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グルタミン酸ナトリウムの関連キーワードアシル基カルボキシル基グルタミン酸オキシカルボン酸アミノ酸デカルボキシラーゼイソペプチド結合ω酸化γカルボキシグルタミン酸ジカルボキシルアミノ酸尿ビタミンK依存カルボキシラーゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グルタミン酸ナトリウムの関連情報