グルタミン酸ナトリウム(読み)グルタミンサンナトリウム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルタミン酸ソーダともいう。グルタミン酸のモノナトリウム塩で、二つの酸基のうちいずれかにナトリウムが入ったもの。化学名の略号であるMSG(monosodium glutamate)ともよぶ。1908年(明治41)池田菊苗(きくなえ)が昆布のうま味成分としてグルタミン酸を発見し、翌年、ナトリウム塩を結晶状に分離してうま味調味料「味の素(もと)」として商品化された。初期の製法は小麦グルテンや脱脂大豆タンパクを原料にした分解抽出法であったが、1956年(昭和31)からは協和醗酵(はっこう)工業(現、協和発酵キリン)株式会社が発明した微生物を利用した発酵法が用いられている。

[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグルタミン酸ナトリウムの言及

【池田菊苗】より

…これは彼の実学志向,化学工業への物理化学の有効性の主張等によるものと思われる。同年コンブのうまみ成分の研究から調味料グルタミン酸ナトリウムを発見し,翌年製造特許を得た。これは〈味の素〉の商品名でただちに製造・販売された。…

※「グルタミン酸ナトリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android